会社情報

歴史・沿革(昭栄の歴史)

1885年
(明治18年)
山十製絲創業

1931年
(昭和6年)
安田銀行の全額出資により昭栄製絲株式会社設立。
生糸製造業として操業開始

1943年
(昭和18年)
商号を昭栄興業(株)に変更
事業目的に不動産、有価証券、債券の保有利用を加える
(株)大和光学製作所の全株式を買収

1944年
(昭和19年)
(株)大和光学製作所が精機光学工業(株)と合併、「精機光学工業(株)」となる。
(現キヤノン)

1948年
(昭和23年)
商号を昭栄製糸株式会社に変更

1949年
(昭和24年)
東京証券取引所市場に株式を上場

1960年
(昭和35年)
製糸事業の合理化再編成を開始
電子部品の製造を開始。

1961年
(昭和36年)
岩手ヒューム管工業(株)の経営に参加

1969年
(昭和44年)
会社の事業目的に土地建物売買、分譲等の不動産業務

1971年
(昭和46年)
商号を昭栄株式会社に変更

1972年
(昭和47年)
「昭栄錦町ビル」竣工(現ヒューリック錦町ビル)

1982年
(昭和57年)
上田昭栄(株)を設立

1995年
(平成7年)
国内製糸工場での生糸生産を停止、国内製糸事業から撤退

2003年
(平成15年)
東京証券取引所市場一部へ上場
電子機器・部品事業部門の分社化、上田昭栄(株)が承継し、商号を「昭栄エレクトロニクス株式会社」へ変更

2004年
(平成16年)
昭栄アセットマネジメント株式会社設立

2005年
(平成17年)
岩手ヒューム管工業株式会社の株式を株式会社塩見ホールディングスに譲渡

2006年
(平成18年)
環境事業会社「株式会社トスマク・アイ」を子会社化

2007年
(平成19年)
昭栄エレクトロニクス株式会社の全株式を太陽誘電株式会社に譲渡

2008年
(平成20年)
昭栄アセットマネジメント(株)と安田不動産投資顧問(株)(安田不動産(株)子会社)の合併により、安田昭栄不動産投資顧問を設立

2010年
(平成22年)
株式会社トスマク・アイの全株式を三谷セキサン株式会社に譲渡

2012年
(平成24年)
ヒューリック株式会社と合併 ヒューリックの歴史

このページのトップへこのページのトップへ