印刷する
  1. TOP>
  2. CSR>
  3. 環境への取り組み>
  4. 気候変動対策>
  5. 温室効果ガスの排出状況

csr

温室効果ガスの排出状況

保有ビルでのエネルギー使用量・CO₂排出量

事業の拡大とともに、2015年度からは当レポートにおける報告対象物件を増加させました。報告対象を増加させることにより、更なる省エネルギー活動の推進を図ります。当社が掲げる「2030年までに2013年度比でCO₂排出量を45%削減する」というCO₂排出量削減計画の目標達成に向け、積極的に取り組んでいきます。

保有ビルでのエネルギー使用量・温室効果ガス排出量

バリューチェーン全体での取り組みの推進

当社は、物件の取得から、開発、建替、賃貸、管理保守などに至るまで、バリューチェーン全体で環境配慮に取り組んでいます。また、CO₂排出量の計算においても、自社からの排出(スコープ1、2) だけでなく、事業活動に関わる間接的な排出(スコープ3)も算定対象とし、バリューチェーン全体の温室効果ガス排出量を幅広く把握し、削減するよう努めています。

スコープ3排出量

このページのトップへこのページのトップへ


ニュース
最新
旧ヒューリック株式会社
旧昭栄株式会社
会社情報
トップメッセージ
企業理念
会社概要
組織体制
役員一覧
歴史・沿革
関係会社
事業内容
賃貸
建替
開発
投資
CSR
CSRに対する考え方
環境への取り組み
お客さまへの取り組み
従業員への取り組み
地域コミュニティへの取り組み
取引先への取り組み
株主・投資家への取り組み
コーポレート・ガバナンス
外部からの評価
ESG分野別索引・GRIガイドライン対照表
株主・投資家情報
経営方針・戦略
財務・業績
IR資料
株式・社債情報
個人投資家の皆さまへ
IRイベント
よくある質問
電子公告
リクルート
新卒採用
キャリア採用