株主・投資家情報

不動産専門用語一覧

アセット・マネジメント(Asset Management)
不動産業界では、不動産の管理・運用を物件の(投資家を含む)所有者に代わって行い、その不動産からの利益が最大になるようにする業務を指します。具体的には、投資家がポートフォリオを組成する際の物件の選定、取得・売却の意思決定や、物件の管理を実際に行うプロパティ・マネジメント会社への指示等があります。
NOI(Net Operating Income)
日本語では「正味利回り」となり、不動産収入から税金、保険等の管理・運営にかかる費用(減価償却、金利は含まない)を控除した利益を指します。算出方法はいくつかありますが、当社では「賃貸事業NOI=不動産事業営業利益-不動産売上利益+減価償却」としています。
空室率
不動産賃貸物件で、全体に対してテナントが入居していない割合です。当社は賃貸物件の賃貸可能面積合計に対してテナントが入居していない面積の割合で算出しています。
資産の流動化
会社が保有する債権や不動産などの資産を分離し、これを裏付けとして資金調達を行うことです。分離する資産によって、"債権流動化"、"不動産流動化"などと呼びます。
特定目的会社
資産の流動化といった特定の目的のために利用される特別目的会社(SPC)のひとつです。「資産の流動化に関する法律」に基づいて設立され、税制優遇等が受けられる一方、利用者保護のための規制に従う必要があります。
プロパティ・マネジメント(Property Management)
不動産の(投資家を含む)所有者やSPCから委託を受けて不動産の管理を行う業務を指します。具体的には、新規テナントの誘致、賃借人との契約や管理、賃料・共益費の請求や回収、トラブル時の対応等があります。
パブリック・プライベート・パートナーシップ(PPP、Public-Private Partnership)
「官民連携」と訳されるのが一般的です。「公共サービス分野での官民パートナーシップによる公共サービスの民間開放」(経済産業省)と定義されています。地方自治体の土地の有効活用を民間主導で行うと言い換えることも出来ます。PFI(Private Finance Initiative )との違いはPPPの場合、民間がビジネス面で主導出来る余地が大きいため、オフィスビルや賃貸マンションの開発ノウハウを生かすことが可能です。
リーシング(Leasing)
賃貸用不動産に対して、テナント(借り手)を探すことです。

このページのトップへこのページのトップへ