Hulic

第9回
ヒューリック
学生アイデアコンペ

JUDGE
審査委員

審査委員長THE CHIEF JUROR

隈研吾

隈 研吾建築家

1954年神奈川県生まれ。1990年に隈研吾建築都市設計事務所を設立。2009年に東京大学教授に着任。
木材を使うなど「和」をイメージしたデザインが特徴的で、「和の大家」とも称される。国際コンペでの受賞歴も多数あり、世界的に注目される日本人建築家の一人として知られる。 代表的な作品に、「根津美術館」、「浅草文化観光センター」、「アオーレ長岡」等。現在新国立競技場の設計を務める。
著作に「負ける建築」「自然な建築」「建築家、走る」他多数。

審査委員COMMITTEE MEMBER

伊香賀俊治

伊香賀 俊治慶應義塾大学教授

1959年東京生まれ。2006年に慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科教授に着任。 都市のサステナブルデザインを軸に、快適で健康を増進させる居住空間の実現方法から地球温暖化の対策まで幅広く研究を行っている。 共著に「建築と知的生産性」、「LCCM住宅の設計手法」、「最高の環境建築をつくる方法」他多数。

亀井忠夫

亀井 忠夫日建設計 代表取締役会長

1955年兵庫県生まれ。1981年日建設計入社。2015年代表取締役社長、2021年代表取締役会長に就任。
「クイーンズスクエア横浜」、「さいたまスーパーアリーナ」、「パシフィックセンチュリープレイス丸の内」、「東京スカイツリー」、「YKK80ビル」等のプロジェクトの設計を担当。

根本祐二

根本 祐二東洋大学経済学部教授

1954年鹿児島県生まれ。日本開発銀行(現日本政策投資銀行)入行、同行地域企画部長を経て、2006年東洋大学経済学部教授に就任。現在、大学院経済学研究科公民連携専攻長、PPP研究センター長を兼務。専門は、PPP/PFI、インフラ、地方創生。
著作に「朽ちるインフラ」、「「豊かな地域」はどこがちがうのか」、「地域再生に金融を活かす」他多数。内閣府PFI推進委員会委員、多数の自治体のPPP関係委員等公職多数。

佐々木 大輔

佐々木 大輔日経アーキテクチュア編集長

1976年広島県生まれ、横浜育ち。1999年日経BP社(現・日経BP)に入社。建設系の専門誌、ウェブメディアの編集記者、副編集長を経て、2019年12月に日経アーキテクチュア編集長に就任。日経クロステックの専門メディア「建設テック」も担当する。建築技術・生産、建築行政・法制度、災害・事件・事故などの分野を中心に建設業界を取材。

吉留学

吉留 学ヒューリック 代表取締役社長

1953年鹿児島県生まれ。1977年㈱富士銀行(現みずほ銀行)入行。同行取締役副頭取を経て、2012年ヒューリック㈱常勤監査役に就任。副社長を経て、2016年より代表取締役社長を務める。

SHARE