CSRに対する考え方と体制

企業理念と基本姿勢

企業行動原理

『基本姿勢』を企業という視点から理解しやすい形で具体化したものが『企業行動原理』です。企業行動原理は経営上の意思決定の拠り所になるものです。

  1. 企業の社会的責任の自覚
    経営の自己責任にもとづく健全経営に徹し、その社会的使命を全うすることをもって、内外経済、社会の安定的な発展に寄与する。
  2. お客さま第一主義の実践
    お客さまに誠心誠意、親切の心を持って接し、真摯な姿勢でご要望に耳を傾けるとともに、高機能、高効率そして高品質のサービスを提供する。
  3. 誠実・公正な行動
    法令およびその精神を遵守し、社会的規範にもとることのないよう、行動は常に誠実かつ公正を旨とする。市民社会の秩序や安定に脅威を与える反社会的勢力とは断固として対決する。
  4. 社会への貢献と調和
    当社の本来的機能の適切な発揮を通じて社会の発展向上に貢献するとともに、良き企業市民としての責務の自覚に基づき、社会とのコミュニケーションを密にして、企業行動が社会の常識と期待に沿うよう努める。
  5. 人間性の尊重
    ゆとりと豊かさを大切にして、人間尊重の精神に溢れた、働きがいのある自由闊達な組織風土を築きあげる。

私たちの行動規範

『基本姿勢』を従業員一人ひとりの視点から理解しやすい形で具体化したものが『私たちの行動規範』です。私たちの行動規範は役員および従業員のとるべき行動の拠り所となるものです。

  1. 人権の尊重、差別・セクシャルハラスメントの禁止
  2. 法令・ルールの遵守
  3. 業務は誠実・公正に遂行する
  4. 情報の適切な管理
  5. インサイダー取引規制
  6. 反社会的勢力との関係遮断
  7. 環境保全への配慮
  8. ベストコミュニケーションの維持、活性化
  9. 知的財産権の尊重
  10. 贈賄の禁止および接待・贈答について
  11. 取引の透明性、合理性確保について

CSRビジョン

平成18年11月に中期経営計画を策定した際、当社のCSR推進上の基本スタンスとして「CSRビジョン」を取締役会にて承認決議いたしました。事業推進を通じた社会への貢献を謳った企業理念の実践はCSRの推進と表裏一体であり、その基本スタンスの確認と明文化は、中期的な経営計画の策定と実行に不可欠なものとの認識に立ち制定を行ったものです。

理念体系とCSRビジョンとの関係

私たちの企業理念である「安心と信頼に満ちた社会の実現」とは、事業活動の展開を通じて社会への貢献を行うことが、当社の存在基盤であることを意味しています。したがって、企業理念の実現は社会的責任を果たすことになり、CSRのビジョン(基本方針)は企業理念と表裏一体の関係にあります。企業理念から派生する『基本姿勢』、基本姿勢を具体化した『企業行動原理』及び『私たちの行動規範』のベースには常にCSRビジョンが存在しています。

経営戦略とCSRの関係

ヒューリックは経営戦略とCSRが一体であると考えており、新中期経営計画では、CSR経営体制のレベルアップを図っています。

リンクページ:新中期経営計画

CSR推進体制

CSR委員会の設置

当社はCSR委員会を設置し、CSR関連施策と事業を融合させることを目指しています。
中長期的にCSRのレベルアップを図るには経営層の関与が不可欠であるため、CSR委員会は社長を委員長とし、専務執行役員、不動産統括部長、開発推進部長、経営企画部長で構成しています。委員会は原則年に1回開催するほか、必要に応じて臨時開催することがあります。CSR委員会において基本方針を決定し、これに沿って全社的なCSR活動を推進しています。具体的には、全社的なCSRに関する各種方針の策定、年間のCSR計画、具体的数値目標の設定、従業員から寄せられた各種提案などの検討・審議を行っており、「CSR経営」の実践の場として活発な議論がなされています。
また、CSR委員会の活動を定期的に取締役会に報告しています。

CSR委員会開催概要

第11回(2017年9月)・・・2016年度の実績と翌年のCSR計画/今後の改善点について

CSR推進体制図

CSRサポーターの活動

CSRサポーターはヒューリックグループ各社から合計20名前後が選出され、1年の任期が終了した後、メンバー交代します。CSRサポーターが集まるCSRサポーター会議では、全社に関わるCSR関連事項を中心に、意見交換を行い、CSR活動の方針や活動内容を決めています。また、花壇の植え替えや寄付の為に各社から集められた使用済み切手の選別活動など、ボランティア活動も積極的に実施しています。

CSRサポーターによる花壇整備活動
ページトップへ