温室効果ガスの排出状況

保有ビルでのエネルギー使用量・CO2排出量

事業の拡大とともに、2015年度からは当レポートにおける報告対象物件を増加させました。報告対象を増加させることにより、更なる省エネルギー活動の推進を図ります。当社が掲げる「2030年までに2013年度比でCO2排出量を45%削減する」というCO2排出量削減計画の目標達成に向け、積極的に取り組んでいきます。

バリューチェーン全体での取り組みの推進

当社は、物件の取得から、開発、建替、賃貸、管理保守などに至るまで、バリューチェーン全体で環境配慮に取り組んでいます。また、CO2排出量の計算においても、自社からの排出(スコープ1、2) だけでなく、事業活動に関わる間接的な排出(スコープ3)も算定対象とし、バリューチェーン全体の温室効果ガス排出量を幅広く把握し、削減するよう努めています。

ページトップへ