中期経営計画

中期経営計画 2018~2020

ヒューリックスタイルのビジネスモデルをさらに進化させ
高い成長を実現する

目指す姿

ヒューリック独自のビジネスモデルを堅持しつつ、時代や環境の変化に対応した進化を通じて着実な成長を持続させる。

基本方針

賃貸事業をベースにしつつ、開発事業及びバリューアッド事業の更なる強化、アセットマネジメント事業等による安定収益を拡大していくビジネスモデルへの進化を図っていく。

基本戦略

  1. 賃貸ポートフォリオの増強及び質的向上
  2. 開発事業の強化による資産循環型ビジネスモデルの拡大 ~開発パイプラインの強化
  3. バリューアッド事業の軌道化による資産回転型ビジネスモデルの拡大
  4. 次期長期計画(2021年~)に向けた新規事業領域の開拓とグループ総合力の向上
  5. バランス経営の実践・リスク管理の徹底
  6. ESGを意識した事業運営と価値創造

計量計画

  2017年12月期 実績 2020年12月期 目標
<利益計画>
営業利益 642憶円 880憶円
経常利益 618憶円 850憶円
当期純利益 424憶円 550憶円
EBITDA 777憶円 1,050憶円
<B/S(参考値)>
総資産 13,521憶円 19,700憶円
有利子負債 8,266憶円 13,300憶円
※12,550億円
株主資本 3,340憶円 4,400憶円
※5,150億円
<財務規律>
有利子負債/EBITDA倍率 10.6倍 ※12倍以内
ネット/DEレシオ 2.3倍 ※3.0倍以内
<資本効率>
ROE 11.9% 10%以上
<株主還元>
配当性向 32.6% 1/3程度

※2018年実施のハイブリッドファイナンス1,500億円のうち、50%(750億円)をみなし資本として算出。

ページトップへ