環境長期ビジョン

当社は、サステナビリティビジョンを具体化したヒューリック環境方針を制定し、環境に配慮した経営を推進しています。そして、事業活動を通じて気候変動の緩和と適応を行いながら持続的な成長を継続することを目指し、2050年を目標年とする環境長期ビジョンを掲げて、脱炭素社会と循環型社会の実現に向けた取り組みを進めています。
これは2015年の国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)で合意された「パリ協定」において、2020年までに2050年以降を展望した各国の長期戦略を提出するように求めたことと同じ時間軸を、当社の環境への取り組みの中心に据えたものです。

環境長期ビジョン

ヒューリックが理想とする2050年の社会の姿を脱炭素社会と循環型社会として、環境配慮経営を推進する。

不動産会社である当社が、社会に提供する価値として積極的に取り組むことができるのは、CO2排出量削減と、資源の効率的利用ならびに廃棄物削減であると考えています。

ビジョン実現のためのロードマップ

脱炭素社会の実現に関しては、CO2排出量ネットゼロ化とRE100の達成年限を前倒し、取り組みを加速しています。

ビジョン実現のためのロードマップ
  • CO2排出量ネットゼロ化とRE100の達成年限を当初計画から前倒ししたことから、関連KPIの数値目標を見直し中です。
  • ※1G20の要請を受け金融安定理事会(FSB)により設立された「気候関連財務情報開示タスクフォース」(Task Force on Climate-related Financial Disclosures)の略で、企業等に対して、気候変動関連の情報開示を推奨しています。
  • ※2「Renewable Electricity 100%」の略で、事業活動に必要なエネルギーを100%再生可能エネルギーとすることを目標に掲げる企業が加盟する国際的なイニシアティブです。
  • ※3再生可能エネルギーを用いて発電された電気を、国が定める価格で一定期間電気事業者が買い取ることを義務付けた、電気の固定価格買取制度を言います。
    電気事業者が買い取る当該電気費用の一部は、電気使用者の料金に上乗せされ、国民の実質負担となるため、FIT電気は再生可能エネルギーとして扱われません。(FIT電気の使用はRE100達成とはみなされません。)

ビジョン実現のための具体的な取り組みの例

  • CO2排出量ネットゼロ化とRE100の達成:達成年限をそれぞれ前倒しして、FIT 制度を採用しない太陽光発電設備と、小水力発電設備の開発を推進しています。
  • ビルの長寿命化:100年以上テナントニーズの変化に柔軟に対応でき、安全に使い続けられる長寿命化設計を標準仕様として、廃棄物発生量と資源投入量を削減しています。
  • 耐火木造建築:製造・加工に要するエネルギー消費量が少なく、炭素固定化にも寄与する木材を利用した耐火木造建築の開発を行っています。
  • 環境配慮技術の開発、特許取得推進:MIT(マサチューセッツ工科大学)との共同で開発した自然換気・自然採光システム(ルーバー型)や他社と共同開発した太陽光発電パネル、薄層壁面緑化システム、自然採光フィルムなど。
  • 自然換気システム
    (ヒューリック本社ビル)
  • 自然採光ルーバーとLED照明
    (ヒューリック本社ビル)
屋上太陽光発電パネル
(ヒューリック本社ビル)
  • 非FITの太陽光発電設備
    (埼玉県)
  • 日本初の耐火木造12階建商業施設(銀座)
    提供:隈研吾建築都市設計事務所
ページトップへ