グループでの取り組み

基本的な考え方

循環型社会の実現に向け、当社グループではテナントの皆さまやビル管理会社と協力し、廃棄物や水の使用量の削減に積極的に取り組んでいます。ビルの開発・建替の際には、廃棄物を大幅に削減できる長寿命化ビル設計の採用などを行い、ライフサイクルを通じて「リデュース・リユース・リサイクル」の3Rを推進し、資源を有効活用することで環境負荷の低減に努めています。

保有ビル及び建替における省資源と廃棄物の削減

テナントの皆さま、ビル管理会社と協力し、廃棄物削減・水使用量削減に取り組んでいます。
多くのビルで雨水を利用したトイレや各種節水システムを導入しており、既存の保有ビルにおいても順次節水型の洗浄便器、手洗い器を標準化しています。

当社グループの廃棄物排出量

当社グループ会社の本社が入居している自社所有ビル(含むホテル)では、循環型社会の実現に向けて廃棄物削減の地道な努力を進めています。

  • を付した指標は、独立した第三者機関による保証を受けています。
  • 当社のグループ会社の本社が入居している自社所有ビルを対象としています。2020年度は一部の対象物件において実測した重量換算係数を使用して廃棄物排出量を算定しました。この結果、従来の重量換算係数を使用した場合と比べて169tの重量の精緻化を図ることができました。2018年から集計対象となった「ポルテ金沢」が大規模ビルのため、2018年に実績が大きくなりました。

3Rの推進

リデュースの取り組み

当社保有ホテルのレストランから出るごみの削減

資源を大切にするため、100年以上の長きにわたって使用できる建物を標準仕様にする(※)など、建替時に発生する廃棄物やCO2排出量を抑制する工夫をしており、環境面におけるメリットを実現しました。また、自社ブランドの直営ホテルであるザ・ゲートホテルでは、レストランから出る生ゴミをバイオ処理し、ゴミの量を低減しています。

100年の長寿命ビル仕様にした場合、従来の40年毎に建て替えるケース(基準案)と比較して、建替工事等に伴う廃棄物、資源投入量を50%以上削減することができます。当社では2011年以降に開発したすべての物件において長寿命化設計を標準仕様としています。

リンクページ:ビルの長寿命化

本社ビルにおけるプラスチックごみの削減

当社は、使い捨てプラスチックごみによる海洋汚染の深刻化を考慮し、本社ビル内の売店では使い捨てプラスチック製の飲料容器、ストロー、スプーン、レジ袋等の配布をとりやめ、紙製品への切り替え、従業員へのマイカップ利用の積極的な呼びかけを実施しています。

リユースの取り組み

建替における地下部分躯体の一部再利用

建替工事では、解体に伴って発生するコンクリートガラなどの廃棄物を削減するため、既存建物の地下部分の躯体を、新築建物の山留め壁として再利用し、その内側に新たな地下躯体を設けるなどの工夫を行っています。もちろん、既存建物の躯体を再利用する場合には十分な検査を行い、強度を確認します。
周辺への影響をふまえて物件ごとに検討した結果、PC工法(後述)を以下の案件で導入しました。

再利用実績
  • ヒューリック銀座数寄屋橋ビル
  • ヒューリック本社ビル
  • 御茶ノ水ソラシティ
  • ヒューリック新宿ビル

リンクページ:長寿命化ビルガイドライン

古本の寄付によるリユース促進

社員の意見から発足した古本の寄付活動は、グループ各社の社員から不要となった本を集め、外部の古本取扱い会社を通じ、その売却額を、アジアの子供たちの教育・文化支援を行う「公益社団法人シャンティ国際ボランティア会」に寄付する取り組みです。これにより廃棄物の削減だけでなく、貧困解決への支援にもつながります。

リサイクルの取り組み

日常のオフィス業務を通じたリサイクルへの取り組みとして、使用済み用紙、使用済みプリンタートナーのリサイクルを行っています。今後もこの活動に取り組み循環型社会の実現に貢献していきます。

使用済み用紙リサイクル量推移(※)

(単位:kg)

年度 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
リサイクル量 9,400 11,365 13,125 14,540 15,600

対象範囲はヒューリック本社ビルとしています。

汚染の防止

当社は、事業による環境汚染を最小化することが循環型社会の実現に不可欠と考えており、建物の企画・開発を進める際には設計会社・施工会社の協力のもと汚染物質の排出を可能な限り低減する施工方法の採用に取り組んでいます。
また、開発事業において発生したSOx・NOx・VOCといった有害廃棄物のデータを集計し、その発生量を把握して実績値を開示しています。

有害廃棄物のSOx・NOx・VOCの排出量

  2018年 2019年 2020年
集計対象物件数 10件 4件 7件
SOx排出量(kg) 1,620 60 142
NOx排出量(kg) 11,527 1,334 1,649
VOC排出量(kg) 157 124 0

集計対象物件は、各年に竣工した当社の開発・建替物件で、データの収集を行っていた物件

水に対する取り組み

水使用量削減への取り組み

当社の水使用量のほぼ全量は当社グループの事業所が入るビル及び保有ビルにおける使用であり、それらは水道水から取水し、下水道に排出しています。水資源保全の観点から保有ビルにおける水の使用量を削減するために、既存の保有ビルの水回りに設置されている蛇口に節水コマ(蛇口あたり約4割の節水が可能)を取り付ける取り組みを行っています。

その他、既存の保有ビルのトイレを順次リニューアルし、快適な水回り空間を提供するとともに節水型の洗浄便器・手洗い器に更新しています。また、一部の物件ではトイレの洗浄水や緑化部分の散水に雨水を利用することで、水資源の有効活用に努めています。なお、当社は水ストレスの高い地域での事業を行っていません。

  
  • を付した指標は、独立した第三者機関による保証を受けています。
  • 対象を延床3,000m2以上の物件を対象とし、単独で銀行(支店)がテナントとして入居しているビル、区分所有及び共有不動産並びに販売用不動産を除きます。
ヒューリック世田谷 雨水再利用装置

施工

PC工法の採用

事業主の立場から、建築時に廃棄物を大幅に削減できるPC工法(※)を採用しています。この工法は工期の短縮だけでなく、工事中の周辺環境への影響を最小限に抑え、長寿命化の観点からも評価されています。

  • PC工法(プレキャスト・コンクリート)工法:工場で一貫した品質管理のもとに製造された壁式プレキャストパネルを工事現場に搬入して組み立てる工法

PC工法の効果

ハイブリッド耐火木造建築の施工上のメリット

(環境負荷の軽減)
  • 部材の軽量化
    - 運搬と工事施工における車両・重機の合理化
    - 輸送によるCO2排出量の削減
  • 工場製作により現地での作業量低減、現場廃材のゼロ化
  • 床CLTの採用により、仮型枠材が不要化
(施工上のメリット)
  • 精度の高いプレカット加工(機械加工)による、円滑な組み立て工事
  • ビス、ネジ等で他の建材を固定する際の、簡便性
  • 構造体が仕上材となることから、内装仕上費用が低減
  • 木造と鉄骨造を組み合わせたハイブリッド構造

リンクページ:使う事例①:銀座8丁目開発計画(耐火木造の商業施設)

ページトップへ