ビルの長寿命化

100年オフィスを標準仕様

当社は「ヒューリック長寿命化ビルガイドライン」を2011年に策定し、開発・建替物件の標準仕様としています。ヒューリック長寿命化ビルガイドラインは、「高耐震性と高耐久化」「更新・リニューアルの円滑化」「高度なメンテナンス性」という3つの考え方から成り立っています。ビルの躯体は100年以上安全に使い続けられるグレードを確保し、同時に今後多様化するワークスタイルに応じたレイアウト変更や、ビルの外観の刷新を可能にしています。また、長寿命ビル仕様とした場合、従来の40年毎に建替えるケース(基準案)と比較して、開発・建替工事に伴う廃棄物発生量と資源投入量をそれぞれ50%以上削減する効果があり、また、ライフサイクルCO2を6%削減することができます。
この評価を踏まえて2011年のガイドライン策定以降、現在に至るまでに竣工・着工した全ての開発・建替物件において長寿命化設計を標準仕様としています。

ビル長寿命化における環境面のメリット

ヒューリック長寿命化ビルガイドライン

1 高耐震性と高耐久化

100年以上の長きにわたって安全に使い続けられる堅牢な構造躯体とします。

  • 地震大国という日本の特性に配慮し、震度7の地震が発生した場合に人命の安全が確保でき、補修をすることで継続して建物を使用することが可能なビル性能として当社が定めた耐震基準を、当社が開発・建替るすべての用途の建物に適用
  • コンクリートや建材の設計条件を細かく指定し、徹底した施工の品質管理を行う

2 更新・リニューアルの円滑化

将来のニーズに柔軟に対応できる設計を採用、またテナントがビルを使いながら、更新・リニューアルできる計画とします。

  • 余裕をもたせた天上高と床荷重、またフレキシブルな間仕切り壁・システム天井により、将来の用途変更、レイアウト変更にも柔軟に対応
  • 予備配管・機器の設置スペース確保等により、更新・リニューアル工事時も事業を継続可能
  • 特に商業ビルではビル外観を陳腐化させないよう、時代のニーズに合わせて取替可能なファサードシステムも採用

3 高度なメンテナンス性

先端をいくビル仕様、そして最適なビル機能を常に保つことができるようにタイムリーかつきめ細やかなメンテナンスが可能な計画とします。

  • 外壁の点検やメンテナンス時には仮設ゴンドラが容易に設置可能
  • 屋上まで資材を搬入するため、屋上までエレベーターを着床

POINT1

将来の用途変更、レイアウト変更対応

100年という長期的使用を視野に入れると、オフィスビル→店舗、物販店舗→飲食店とビルの用途も大きく変化することでしょう。あらかじめ天井高や床荷重に余裕をもたせておくことで、将来の用途変更やレイアウト変更、リニューアルに容易に対応することができます。

天井高 天井高2.8m以上
積載荷重 一般部の積載荷重は500kg/m2、ヘビーデューティーゾーンは800kg/m2~1t/m2
システム天井 天井内の設備更新とメンテナンスの容易システム天井性、テナント間仕切りの可変性への対応

POINT2

取替え可能なファサードシステム

特に商業ビルではビル外観が重視されます。時代の先端をいくようなスタイリッシュな外観が集客力につながるからです。そこでファサード(ビル正面の外観)を主要構造部から切り離し、法的な制限を受けることなく外装デザインが一新できるシステムを採用していきます。日本を代表する商業都市、銀座に位置するヒューリック銀座数寄屋橋ビルでは、「水辺」と「柳」の情景を表現した特長的なファサードデザインを採用しています。
カーテンウォールに曲線形状のアルミキャストを取り付けた二重構造のファサードは、主要構造部から切り離されています。
一方、オフィスビルについてはシンプルで落ち着いたデザインを採用し、時の経過とともに周囲の景色に溶け込んでいくような外観を採用していきます。

ページトップへ