公正な競争に向けた取り組み

基本的な考え方

会社や株主の利益を害することのないよう、また、そうした懸念を惹起することのないよう、取引の透明性・合理性を確保し、公正な取引と不正競争防止に向けた取り組みを徹底しています。

コンプライアンス・マニュアルでは、公正な競争秩序の確立に関して、具体的に以下の事項を規定しています。

  • あらゆる法令等と就業規則をはじめとする社内規程・ルールの遵守
  • 独占禁止法および関連諸法の遵守
  • 贈賄の禁止および過剰な接待・贈答等の禁止
  • 利益相反行為の禁止
  • アームズ・レングス原則の遵守
  • 株主に対する利益供与等の禁止
  • 知的財産権の尊重
  • 情報の適切な管理
ページトップへ