社外取締役・社外監査役

当社の社外取締役は4名、社外監査役は3名です。社外取締役及び社外監査役は、取締役会において業務執行から独立した立場で適宜発言を行い、経営の監督とチェック機能を果たしています。

役員の状況

独立社外役員の選任

社外取締役及び社外監査役には、東京証券取引所有価証券上場規程第436条の2で規定する独立役員に関する独立性のガイドラインと当社コーポレートガバナンス・ガイドラインに規定の「独立社外役員の独立性判断基準」を充足した、独立社外取締役・独立社外監査役を選任しています。
また、選任に際しては、以下の点に鑑み、当社のコーポレートガバナンスに資する経歴、経験、知識を有する適任者を独立社外役員として選任するよう取り組んでいます。さらに、全取締役の1/3以上を独立社外役員としております。

  • 会社の持続的な成長を促し中長期的な企業価値の向上を図るための知見を得る観点
  • 経営の監督を強化する観点
  • 会社と経営陣・支配株主等との間の利益相反を監督する観点
  • 独立した立場で少数株主をはじめとするステークホルダーの意見を取締役会に適切に反映させる観点

なお、独立社外役員の独立性判断基準は、当社のホームページに掲載されているコーポレートガバナンスガイドラインに記載の通りです。
社外取締役の髙橋薫氏が2015年3月まで代表取締役副社長執行役員を務めておりました損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、当社の株主であり、かつ同社より事業資金の借入等の取引もおこなっておりますが、いずれも当社が定める独立社外役員の独立性判断基準に収まっております。
社外監査役の根津公ー氏が理事長を務める学校法人根津育英会武蔵学園に対して、次世代育成支援を目的として協賛金の支払をしております。しかしながら、それらの取引の性質、規模に鑑み、株主・投資家の判断に影響を及ぼすおそれはないと判断しております。
社外監査役の関口憲ー氏が2013年7月まで取締役会長代表執行役を務めておりました明治安田生命保険相互会社は、当社の株主であり、かつ同社より事業資金の借入等の取引もおこなっておりますが、いずれも当社が定める独立社外役員の独立性判断基準に収まっております。

  • (注)当社は取締役宮島司氏、山田秀雄氏、福島敦子氏、髙橋薫氏、監査役根津公ー氏、小林伸行氏及び関口憲ー氏を東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取引所に届け出ております。

社外取締役・社外監査役の専門性

社外取締役・社外監査役の専門性及び選任の理由は以下の通りです。

社外取締役または社外監査役による監督または監査と内部監査、監査役監査および会計監査との相互連携ならびに内部統制部門との関係

社外取締役は、取締役会において、内部監査、監査役監査、会計監査及び内部統制についての報告を受けております。また、社外監査役は、会計監査人及び監査部から定期的に監査に関する報告を受けるとともに、取締役会に出席し、必要に応じて意見を述べております。

ページトップへ