HULIC×ビジネス

1.ヒューリックの成長の歩み

当社は半世紀以上にわたって、都心のオフィスビル等を中心として不動産賃貸事業を営んできた会社です。
都心駅近という好立地の物件を多く保有しているという強みを持っている当社は、増益増配を継続し、成長し続けています。
近年では、当社の都市型商業施設ブランド「HULIC &New (アンニュー) 」の展開や、今後の人口動態の変化を意識したビジネスとして「3Kビジネス(高齢者・観光・環境)」に注目し、積極的な開発や投資を行っております。

2. ヒューリック不動産の「6つの特徴」

当社の不動産事業には、6つの特徴があります。それが、①「不動産賃貸事業での安定した業績基盤」②「低い空室率の実現」③「建替え事業&開発事業による成長戦略」④「3Kビジネスへの取り組み」⑤「バリューアッド事業への取り組み」⑥「安心・安全なビル」です。

特長1
不動産賃貸事業での安定した業績基盤

駅近、好立地のオフィスビルを多く所有することにより、みずほフィナンシャルグループなどの安定したテナントを多く所有しています。

特長2
低い空室率の実現

当社は都心駅近という好立地の物件を多く保有しており、東京23区内に保有する物件(住宅等を除く)の空室率は1%以下を保っています。

  • ※1三鬼商事(株)地域別オフィスデータより(対象:東京ビジネス区域内にある基準階面積100坪以上のオフィスビル)
  • ※2HULIC空室率は東京23区内のオフィス等のもの

特長3
建替え事業&開発事業による成長戦略

当社は容積率を余している古い保有ビルを建替えすることで賃貸面積を増やし、収益力を向上させる建替事業に取り組んできました。近年では、建替事業で培ったノウハウを生かし、PPP事業やCRE事業等の様々な手法を活用して、新規の開発事業にも積極的に取り組んでいます。

ヒューリック新宿ビル(建替例)

開発物件としては、商業施設「HULIC &New」シリーズやホテル、温泉旅館、高齢者施設等があります。

特長4
3Kビジネスへの取り組み

近年の日本を取り巻く、高齢化の進展、訪日外国人観光客の増加や環境問題の深刻化等に積極的に対応するため、3つのK(高齢者ビジネス、観光ビジネス、環境ビジネス)を新規事業領域とし、3Kビジネスに取り組んでおります。具体的には、高齢者施設やホテル旅館等の観光アセットの取得や開発、環境配慮ビルの開発等を行っています。

特長5
バリューアッド事業への取り組み

経年変化とともに劣化した保有物件や新たに購入した不動産に対して、その物件が持ちうる価値を最大限に引き出すリニューアル、リノベーションやコンバージョンを行い、資産価値の最大化を図るバリューアッド事業に取り組んでおります。

特長6
安心・安全なビル

安心・安全なビルを目指すべく、既存のビルに対して新耐震基準を上回る耐震補強を済ませ、新しいビルには立地に応じた免震・制震・耐震の最新技術を導入しています。

ページトップへ