HULIC×想い

環境問題への挑戦

当社では、不動産業に携わる企業として地球温暖化の解決のために何ができるか真摯に考え、実践しています。

2030年CO2排出量ネットゼロに向けた取り組み
~再生可能エネルギーを用いた発電施設の開発~

当社は、「TCFD」提言*1への賛同をはじめ、サステナビリティを重視した環境経営を進めております。その一環として、太陽光や小水力などの再生可能エネルギーを利用した発電施設の開発に取り組んでいます。

  • 太陽光発電所(埼玉県加須市)
  • 小水力発電所(群馬県利根郡)

この取り組みを通じて、当社は2024年までに、ヒューリックグループ内*2で使用される電力をすべて自社の再エネ電源から賄うこと(「RE100」*3の達成)、そして2030年には全保有建物*4に当社の再エネ電源から電力を賄うこと(CO2排出量ネットゼロの達成)を目指しています。当社は今後も継続的に発電施設の開発を続け、環境への取り組みを推進してまいります。

2030年CO2排出量ネットゼロに向けたロードマップ
  • *1G20の要請を受け金融安定理事会(FBS)により設立された「気候変動関連財務情報開示タスクフォース」(Task Force on Climate-related Financial Disclosures)です。企業等に対して、気候変動関連の情報開示を推奨しています。
  • *2グループ会社や自社運営するホテル旅館などの宿泊施設を含みます。
  • *3「Renewable Electricity 100%」の略で、事業運営で使用される電力をすべて再生可能エネルギーから賄うことを目指す国際的なイニシアティブです。
  • *4当社がエネルギー管理権限を有さない一棟貸、住宅系、非幹事共有物件等を除きます。

MITと最先端の環境技術を開発

当社は世界最高峰の理系大学であるマサチューセッツ工科大学(MIT)と共同研究を行い、不動産業界における最先端の環境技術開発に取り組んでいます。機械空調に頼らない「自然換気システム」や優しい自然光を室内に取り込む「自然採光ルーバー」(2016年特許取得)などの新技術をビルに導入し、優れた省エネ効果を発揮しています。

社会との繋がりを大切に

当社では、様々な社会問題に意識を持ち、社員と社会とのつながりを大切にしております。

  • 「日本障がい者バドミントン連盟への支援」

  • 「ヒューリック大伝馬夏祭りの開催」

  • 「御神輿の寄贈」

  • 「事業所内保育所の設置」

  • 「日本将棋連盟への支援」

ダイバーシティ経営の推進

当社は多様な人材が活躍できる環境づくりに力を入れています。特に女性のキャリア開発に向けた取り組みを強化しており、仕事と子育ての両立や様々な環境での能力発揮・キャリア形成ができるよう、トップクラスの次世代育成支援制度を整備しています。

コーポレート・ガバナンス

当社は、「リスク管理」「コンプライアンス」「内部統制」等を重視し、コーポレート・ガバナンス体制の構築に努めております。

ページトップへ